【日記】閃刀姫-カガリ制限をケアするためにオススメされているカードを使ってみた感想

考察

閃刀姫-カガリが制限になってしまい、サポートカードが必要に・・

どうも、閃刀姫使いの管理人シナです。

《閃刀姫-カガリ》が2019年1月のリミットレギュレーションにより、制限となっていまい、墓地の閃刀カード回収が非常に難しくなってしまいました・・・

ですが、カガリを再利用することが可能なカードを先駆者が発見し、注目が上がったカードが・・・

今回はこの3枚

・《マグネット・リバース》

・《バウンドリンク》

・《サイバネット・ユニバース》

を実際使用してみた感想をまとめてみたいと思います。

ただ、CSでがっつり優勝しているプレイヤーではないので、おっさんの戯言とおもって頂きながら読んでもらえるとイロイロ助かります。

スポンサーリンク

閃刀姫-カガリを再利用するために注目されたカードを使ってみた感想

《マグネット・リバース》

(1):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、機械族または岩石族の通常召喚できないモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

墓地・除外から機械族か岩石族の通常召喚できないモンスターを特殊召喚することが可能なので、《閃刀姫-カガリ》を復活させることができます。

マグネット・リバースを採用してみたメリット

正規召喚に成功した《閃刀姫-カガリ》が《墓穴の指名者》で除外されている状態でも《マグネット・リバース》でケアできるのが大きなメリットです。
さらに速攻魔法なので相手ターンで使えるのも非常に魅力的。

デュエル中盤あたりで素引きできると非常に強い印象がありました。

マグネット・リバースを採用してみたデメリット

純閃刀姫で一番辛いのが、

初手でレイを出す手段がない事故手札

なのですが、誘発もガンガンに積んでいるので、事故率は結構高いです。

さらに《マグネット・リバース》を初手に引き込んでしまうと、なにもできなくなってしまうパターンがあったため、さらに事故率が上がってしまった印象です。

《マグネット・リバース》をサーチする手段等ないので、素引きするしか手段がないというのも辛かったです。

《バウンドリンク》

 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のフィールド・墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、そのリンクマーカーの数だけ、自分はデッキからドローする。
その後、ドローした数だけ手札を選んで好きな順番でデッキの下に戻す。

自身のフィールド・墓地のリンクモンスターをEXデッキに戻し、そのリンクマーカーの数だけドローし、手札入れ替えできる効果を持っています。

バウンドリンクを採用してみたメリット

手札-1にはなりますが、墓地のカガリを戻し、その後1ドローしてドローした分デッキに戻すことができるので、余分に引いてしまった《閃刀姫-レイ》等を戻せることもできます。

バウンドリンクを採用してみたデメリット

《墓穴の指名者》等で除外されてしまったら悲しみです・・・

速攻魔法ではあるのですが、相手ターンで使うことで、手札の非確定妨害を警戒しないといけないので、メリットはあまり感じられませんでした。

こちらも同じくサーチ要員はないので、素引きする必要があります。

《サイバネット・ユニバース》

(1):自分フィールドのリンクモンスターの攻撃力は300アップする。
(2):1ターンに1度、自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。
(3):フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動する。
EXモンスターゾーンのモンスターを全て墓地へ送る。

フィールド魔法で1ターンに1度、自分・相手のモンスターを持ち主のデッキに戻すことができます。

《サイバネット・ユニバース》が破壊された場合、EXモンスターゾーンのモンスターを墓地に送れる除去効果があります。

サイバネット・ユニバースを採用してみたメリット

フィールド魔法なので、《テラ・フォーミング》でサーチすることができ、相手に飛ばされない限りは1ターンに1度カガリを戻すことが可能になります。

また、《サイバネット・ユニバース》を採用した場合、《盆回し》を採用しやすいのも大きなメリットです。

さらに《サイバネット・ユニバース》が破壊された場合、EXモンスターゾーンのモンスターを全て墓地に送れる除去効果もあるので、閃刀姫で採用されやすい《サイクロン》や《ツインツイスター》で自分から効果起動させることも出来ます。

後、何気に攻撃力300アップは大きいです。

サイバネット・ユニバースを採用してみたデメリット

こちらも《墓穴の指名者》等で除外されたら悲しいことになります。

また、《盆回し》を採用した構築で、閃刀姫ミラーに当たると相手にまぁまぁアドバンテージを取られるので、辛かったです・・・

まとめ

f:id:yugiprice:20181105124245j:plain

3種類のカードを使ってみた感想としては、

《マグネット・リバース》

除外ケアも有効なので、指名者ケアが可能。大会構築に検討。

《バウンドリンク》

手札交換ができる魅力があるものの、安定性に欠ける部分もあり。

《サイバネット・ユニバース》

テラフォや盆回し等でサーチしやすく、ピン刺しで事故しにくい点や効果を維持しやすいことも考え、今後メインで採用していきたい。

という感触でした。

さらに《貪欲な壺》や《閃刀機構-ハーキュリーベース》も墓地から戻せる点もあるため、採用検討として考えてたものの、《サイバネット・ユニバース》のみが残った状態です。

来期も閃刀姫を使っていく予定なので、さらに良い構築がありそうでしたら・・・誰か教えて・・・

それでは・・・

遊戯王OCG デュエルモンスターズ DARK NEOSTORM BOX
by カエレバ
この記事を書いた人

3年間カードショップアルバイト→2年間カードショップ店長(遊戯王相場担当)の経験を使って遊戯王カードの相場やイベント・デッキ・最新情報などをまとめています!遊戯王のプレイングはガバガバながらもビートダウン系のデッキが大好きです。【土下座して生きていく】をモットーに土下座と言えばシナと言われるよう毎日どこかで土下座しています。

シナをフォローする
スポンサーリンク
考察遊戯王
スポンサーリンク
シナをフォローする
シナの遊戯王相場ドットコム

コメント