【リミットレギュレーション】2019年7月から適応されるリミットレギュレーションが判明!!サラマングレイトやオルフェゴール、サンダー・ドラゴンが厳しそう・・・

 

 遊戯王.jpにて2019年7月から適応されるリミットレギュレーション(制限改定)が公開されました。

比較的様々なテーマが拮抗した環境でしたが、今回の規制でどのテーマに影響が出たのでしょうか。

それでは見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

2019年7月から適応されるリミットレギュレーション(制限改定)の内容は?

 

 新禁止カード

トロイメア・マーメイド

破滅竜ガンドラX

新制限カード

転生炎獣ガゼル

超雷竜-サンダー・ドラゴン

雷鳥竜-サンダー・ドラゴン

レディ・デバッガー

メタバース

新準制限カード

ABC-ドラゴン・バスター

SPYRAL-ジーニアス

ダーク・アームド・ドラゴン

ダーク・グレファー

ダイナレスラー・パンクラトプス

TGハイパー・ライブラリアン

デビル・フランケン

氷結界の龍 トリシューラ

影霊衣の反魂術

魔鍾洞

 

新無制限カード

E・HEROエアーマン

真竜拳士ダイナマイトK

餅カエル

ルドラの魔導書

神の宣告

停戦協定

 

今回のリミットレギュレーション(制限改定)でどのテーマが規制を受けたの?

今回の制限改定で規制を受けたテーマは

 

《転生炎獣》

《サンダー・ドラゴン》

《オルフェゴール》

《ガンドラワンキル》

 

が主な規制を受けたテーマです。

 

《転生炎獣》

《転生炎獣ガゼル》《レディ・デバッガー》が制限になり、展開の幅が狭まっただけでなく、《サイバース》デッキにも飛び火を受けた様子。

《サイバネット・マイニング》の採用を増やして何とか対応できるか・・・

 

《サンダー・ドラゴン》

《超雷竜-サンダー・ドラゴン》《雷鳥竜-サンダー・ドラゴン》が制限になり、制圧力の低下がうかがえます。

純構築ではなく、混ぜた構築で戦っていく必要があるかもしれません。

雷鳥竜まで規制受けるとは・・・

 

《オルフェゴール》

《トロイメア・マーメイド》が禁止、《ダーク・グレファー》が準制限になり、展開の安定性が減ったとの情報ですが、安定性がかけたものの、路線を変えた構築でまだ戦える様子?

 新構築を発明される方が出てくるのではないでしょうか・・・

 

《ガンドラワンキル》

エンジンがお亡くなりになりました。

 

今回のリミットレギュレーション(制限改定)でどのテーマが環境に強くなりそう?

 

今回のリミットレギュレーションで期待したいテーマは

 

《閃刀姫》

《オルターガイスト》

《サブテラー》

《HERO》

《影霊衣》

《SPYRAL》

《ABC》

 

が主なテーマです。

 

《閃刀姫》

規制はノータッチですが、《メタバース》の制限、《魔鍾洞》の準制限により、構築の変更が必要になるかと思われます。

盆回しを入れて対策が必要か・・・

 

《オルターガイスト》

《神の宣告》が規制緩和により、罠妨害がさらに強くなりました。前環境トップに影響が出たので、トップに食い込むのでしょうか・・・

 

《サブテラー》

《メタバース》の制限を受けたものの、こちらも罠が強いデッキなので、《神の宣告》の恩恵はありそうです。

 

《HERO》

《E・HEROエアーマン》が無制限になり、サーチカードエンジンがさらに増えました。

《餅カエル》も無制限になり、妨害の数も増える状況に・・・

 

《影霊衣》

《影霊衣の反魂術》の準制限により、安定性がさらに強化!

足りなかった持久力が今回で上がる可能性も・・・

 

《SPYRAL》

SPYRALのエンジンカード《SPYRAL-ジーニアス》が準制限になり、展開の幅を広げることが出来ます。

リンク召喚でエクストラリンクがまた流行ってしまうのでしょうか・・・

 

《ABC》

《ABC-ドラゴン・バスター》も準制限になり、安定性の向上が予想されています。

 

最後に・・・

f:id:yugiprice:20190215234825j:plain

 

どうも、管理人にシナです。

 今回で制限改定に影響のなかった《魔術師》なども環境に影響してきそうですね・・・

《幽鬼うさぎ》の採用が高くなるかも!?

 

7月の制限改定が適応して落ち着いてからの環境が気になるところですね!

 

それでは・・・

 

 

 

コメント